秋田新太郎は、エステート24ホールディングス株式会社の代表取締役。


by vbukik

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雑誌【ソルビスト】の特集されたエステート24の代表取締役CEOである秋田新太郎氏の記事を紹介します。

d0315345_15361371.jpg


PVの流通網を握るスーパーディーラーの一社であるエステート24ホールディングス(秋田新太郎社長兼CEO、本社・大阪、東京、従業員・約600名)は、設立から僅か3年で年率2倍超、今期売上高約150億円規模へと急成長を遂げた。平均年齢30歳前後の若き企業集団を率いる秋田新太郎社長(27歳)は「来年度も倍増の300億円を達成したい」と高い目標を掲げ、人財育成や顧客満足の向上に努めている。
累積施工数1万2千件住宅中心に展開
同社は09年1月にオール電化を中心とした施工販売店からスタートした。秋田社長は「以前勤めていた大手通信会社でPV事業を立ち上げたという経験を活かし起業に至りました」と設立経緯を話す。その後11年3・11の東日本大震災を契機にPV事業へ注力し、今では国内18社・海外8社に加え自社ブランド『ワールドソーラー』を手がけるなど多様な顧客ニーズに対応し「今後も新たな口座開設を検討している」という。
拠点数は47店舗を超え都道府県全土に供給網を巡らす。自社施工部隊を揃え、大手・中堅含めたハウスメーカーからの営業委託に加え、テレビ・ラジオ・イベント協賛等で住宅用中心に営業展開を図っている。
年商2倍、売上高150億円超、設立3年で急伸するニューカマー
取引メーカー約30社、無料点検など「顧客満足度No.1を目指す」

一方、産業用では主に50kW以下に的を絞る同社だが、メガソーラーなどの大規模案件について「市場のニーズを掴み、迅速に対応するにはスピードが必要です。資金調達や協議に時間を割かれるのであれば、市場規模の大きい住宅用に注力することや、既に設置したお客様へのアフターフォロー、メンテ対応に注力したい」と話している。事業成績は表中示す通りだが施工件数は年平均4千件、累積1万2千件に達している。
工事15年、自然災害10年のWSWワランティで保証充実図る
これだけ施工件数が増えればメンテ対応の拡充が求められるが、同社では「3か月毎に無料検診を行っています。また、弊社に関する問い合わせが消費者センターなどへ入ればすぐに連絡が来るような体制を整えています」とコンプライアンスの向上を図っている。加えて、自社ブランドを導入した場合に47250円上乗せすれば施工に対する保証が行われる『WSW(ワールドソーラーワランティ)』を用意する。加入すれば自然災害10年補償、工事15年が保証され雨漏りや不具合が発生した際に損害・傷代金が支払われるというもの。メーカー出力保証等と合わせダブルで安心・安全に設置できるという仕組みだ。さらに、新築住宅への設置にも注力し、売電価格が低下しても太陽光発電を35年の住宅ローンに組み込むことで、実質導入負担0円スキーム、頭金0円プロジェクトなどのプランを提供する。2013年は大手量販店とも提携することと、代理店募集を行なうことで、一気に売上げを伸ばすという。綿密なフォローはユーザー間で反響を呼び紹介による受注も売上に大きく貢献しているとする。
とはいえ「私のような年齢では相手にされない場合もある」と若さ故の苦労もあり、大手上場企業の会長、メガバンクの役員、警視庁、経済産業省などの出身者を社外取締役に置いている。ニューエイジならぬニューカマーの急伸はまだ始まったばかりなのである。

d0315345_15363510.jpg

エステート24の代表取締役CEOである秋田新太郎氏の雑誌【ソルビスト】の特集記事、すばらしいですね
[PR]
by vbukik | 2013-06-27 12:34

秋田新太郎【経済界】

雑誌【経済界】の特集されたエステート24の代表取締役CEOである秋田新太郎氏の記事を紹介します。

d0315345_15372635.jpg


大手損保会社との提携で信頼性を強化
そもそもエステート24ホールディングスは、IHや電気給湯器といったオール電化の施工販売からスタートした会社である。PVも取り扱ってはいたのだが、東日本大震災を機に、ニーズや問い合わせが増え、PVを主力商品とすることに踏み切る。時代の要求に応えるべくシフトしたのだ。
とはいえ、経済紙で施工におけるトラブルが多発していることを指摘されるなど、PV業界へのイメージは決してクリーンなものではなかった。製品に対する保証はなされても、工事に対する保証は皆無に近かったからである。
 同社はそこに着目し、製品の瑕疵担保責任である「モジュール出力25年」「太陽光発電システム周辺機器10年保証」に加え、「自然災害補償」と「工事保証」を約束するオリジナルの保証サービス「ワールドソーラーワランティ」を企画・導入。PV設置を望みつつも、台風や大雪といった自然災害や、工事にまつわるトラブルで二の足を踏んでいたユーザー層に向け、安心できる要素・条件を付加し、多角的なサポート体制を整えたのである。
「当社では価格競争に巻き込まれて、施工品質を下げることのないよう、社内にコンプライアンス室を設置して監理・監督に努めています」と代表取締役CEOの秋田新太郎氏。
現在、国内18社、海外8社のPVシステムを取り扱い、地形や状況に応じた最適な組み合わせの提案を行っているが、各メーカーの施工研修受講と、認定されたメーカーIDを取得していることはもちろんだ。
 さらに「ワールドソーラーワランティ」は三井住友海上火災保険との提携によるものであり、このコミットメントの実現には、同社の売上実績をはじめとした経営状況が判断基準とされる。保険会社のお墨付きを得て、可能になったといえる。
別の表現をすれば、保険の利用が重なるようなら、三井住友海上火災保険との提携も白紙に戻る可能性があるということ。年間約8千件という施工実績だが、実際に保険を利用する機会はまだ一度もないという。一般的な基準を上回る、厳しい社内基準を設定しているからこそである。施工品質に関しては十分以上の体制で臨んでいることがお分かりいただけよう。その後の定期点検についても同社ならびに協力会社が責任を持つ。信頼性という点で同じ土俵に立てるだけの企業は業界でも稀有であろう。

現場の声を反映した自社ブランドが強み
 だが、これも同社の一つの側面でしかない。生産から販売までの一貫体制が背景にあることが、他社との違いであり、強みといえるからだ。前述した各社の製品の取り扱いだけでなく、国内外で高い評価を得ているメーカーから、太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、モニターの供給を受け、自社ブランド「ワールドソーラー」の展開も行っているのである。「日本の国土は決して広くはありませんが、四季の変化に富み、南北に伸びています。つまり、自然環境が大きく異なるのです。当社では、気候風土に応じた製品ラインナップを取り揃え、あらゆるニーズにお応えできるよう心掛けています」と秋田氏は語る。
 製販の一元化が、現場の声を反映し、求められる製品の開発と求められるサービスの具現化に寄与しているといえよう。

住宅メーカーや大手流通とのコラボで新たな前進を
 同社の今後のビジョンだが、住宅メーカーとの提携によるPVシステムの設置と、大手流通企業との提携による全国の店舗でのプロモーションに力を注いでおり、将来的には、既築から新築へと軸足をシフトすることを念頭に置いている。
 また、「ワールドソーラー」というブランドの浸透と全国的なフランチャイズ展開にも積極的に取り組んでいる。「保険やローンといった点でのスケールメリットもありますし、メーカー研修が技術面であれば、当社は営業ノウハウの提供を目指していきたいと考えています。お客様をはじめとして、協力会社の皆さん、そして当社でWIN・WIN・WINの関係を築くことが目標です」と秋田氏。今後の活躍が注目させる企業の一つである。


インタビューで取材に応える秋田新太郎氏
d0315345_15375459.jpg


エステート24の代表取締役CEOである秋田新太郎氏の雑誌【経済界】の特集記事、すばらしいですね。
[PR]
by vbukik | 2013-06-21 15:53